竹のはたらきでツルツル素肌を目指す!

竹と美容、駅弁からはじまった?

illustrain01-ekiben

おはようございます!

4Dupです!あいにくの天気で、台風も気になりますが、本日もよろしくお願いいたします!

今日、7月16日は「駅弁記念日」だそうです。

1885年のこの日に開業した日本鉄道の宇都宮駅で、日本初の駅弁が発売されたことに由来するものだそうです。(ただ、これより早く他の駅で駅弁が販売されていたとする説もあるそうです)

ちなみに、日本で最初の「駅弁」は、おにぎり2個とたくあんを竹の皮に包んだもので、値段は5銭だったとか。

さて、竹といえば、美容にも良いと言われる『竹酢液(ちくさくえき)』です。竹酢液とは、竹を蒸し焼きにして炭化するときに出るガスを採取し、それを冷まして液体化したもの。いってみれば「竹のエキス」のようなものですね。

お店でも販売されている「竹酢液」ですが、まだまだすべての成分と効果については解明されていない部分も多いそうです。しかし、解明された部分では、美容にとって良いはたらきがあることが分かったとか。

まずは、皮膚の角質を柔らかくしたり、引き締めたりするはたらき。竹酢液の数種のアルコール類は、殺菌や消毒の役割をするそうで、 水虫や湿疹などに対する効果についても、科学的に証明されているそうです。 お風呂上りに柔らかくなった皮膚に使用するとより効果的だそうです。

hotel_781215104256-thumb-1000xauto-14696

 そして、そのお風呂に使いのも良いとか。一般的なお風呂の大きさでしたら、キャップ2~10杯(約10~50cc)の竹酢液を入れます。竹酢液のミネラル分が皮膚から活性化させ、温まることで血行を良くし、湯冷めしにくくし、お肌をつるつるにするといわれています。
 また、中には竹酢液の酸成分が水の分子を小さくするという説もあります。肌への刺激が少なくなり、敏感肌の方にも喜ばれているとか。そのほかに、お湯にゆっくりとつかる際に、竹酢液の竹をいぶした香りは、ストレス解消としてのアロマとしても良いでしょう。残り湯を洗濯に使うことも問題ないそうですよ。
 頭を洗う際には、通常のシャンプーをした後に、リンス代わりに使うのも良いそうです。1リットルのお湯にキャップ1~2杯(約100~200倍)の竹酢液を加え、髪に浸します。血行を良くするほか、竹酢液の持つ殺菌・消毒のはたらきで、フケ・かゆみ・頭皮の臭いなどを抑えると言われています。

お風呂だけじゃない!竹のパワー

4651720903_b1f63a2575_o

 お風呂から上がったあとは、化粧水。100ccの精製水にキャップ1杯から5滴ほどの竹酢液を加えて、化粧水としても使えるそうです。竹の力で、お肌を弱酸性に保つはたらきが期待できるそうですよ。

 アレルギー対策に使っている人も多いそうです。春先、鼻はグズグズ、目はショボショボ、カユカユ・・・不快感極まりない花粉症。そんなイヤ~な花粉症対策にも、この竹酢液は注目されているとか。竹酢液に含まれているポリフェノールが、かゆみの元となるヒスタミンの放出を抑える作用があると言われているそうです。

 いかがでしょうか。竹のパワー。そもそも、日本で初めての「駅弁」の包みに使われた竹の皮。それも昔の人が、竹の持つ、殺菌・消毒のはたらき、ものを腐りにくくするはたらきがあることが、わかっていたからこそでしょう。

 足のかかとのガサガサの角質対策や、リラックス効果、そしてお風呂から上がったら、化粧水と、顔のハリが違う!とおかげさまでご好評をいただいている新感覚ナイトケアジェル『ディグニテペルレ』で、ピン!とした張りのあるお肌を目指しましょう!

 

※よろしければ『いいね!』をお願いいたします!

4Dup