高齢化社会に向け、これから必要とされるもの・・・

おはようございます!

 

4Dupです!台風が心配です。台風の通り道にお住まいの皆様、くれぐれもお気をつけください!本日もよろしくお願いいたします!

 

本日、7月17日は「理学療法の日」だそうです。日本理学療法士協会が制定したそうで、1966年のこの日、110名の理学療法士により日本理学療法士協会が結成されたことにちなんでのものだそうです。

 

これからさらに?必要とされるもの

l_01

そもそも、理学療法(りがくりょうほう)とは、身体に障がいのある人など、元の運動能力に近い状態までの回復や、少しでも改善を図るため、治療体操その他の運動を行なったり、マッサージなど行うこと・・・です。そして理学療法を行っても、残念ながら障がいが残ってしまったときには、それを改善するための指導、そして社会生活を送る上で不利な要素を少なくするため、福祉用具の選定や住宅改修・環境調整、在宅ケアなども行うそうです。

 

特にこれから”超”高齢化社会を迎えるという日本では、年配の方の運動やケアを行うため、こうした療法、行う先生など、正しい知識、正しい指導をしてくれる方が、ますます必要となってくることでしょう。

 

また、最近は「ロコモ」という言葉も流行ってきました。

 

あくまでも一般的に・・・ですが、これも、高齢化社会を迎えるにあたって加齢などで筋力が落ちたり、骨が弱くなったり、関節など節々が痛くなる・・・などなど、快適な日常生活を行うにあたって、支障をきたした状態をロコモ「ロコモティブシンドローム(和名:運動器症候群)」といいます。これが進行すると将来的に介護が必要になる可能性が高くなるといいます。

2007年、日本整形外科学会は人類が経験したことのない超高齢社会・日本の未来を見据え、このロコモという概念を提唱したそうで、意外に歴史がある?のですね。ドラッグストアなどでは、このロコモ用の食品、健康食品などが並んでいます。

 

TSU86_shizukugahakanaku-thumb-1000xauto-12495

特に、男性よりも筋力が少なく、そして骨粗しょう症になりやすいといわれる女性。こうした健康食品に頼らなくても、普段から、カルシウムやタンパク質をしっかり摂れる食事にしたり、ちょっとした階段や、一駅ぐらい歩いてみる・・・などなど、治すことは難しくても、抑えることは可能でしょう。

 
ありきたりですが、牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品、豆腐、納豆などの大豆製品、そして、卵やお肉なども、バランスよく食事に摂り入れていきましょう。また、カルシウムの吸収を高めるというビタミンD。太陽の光を浴びることで、より活性化するそうですから、こうした食事に、良い天気の中でのお散歩など、体に負担がかからない範囲で行っていきたいですね。

 

健康な体と美容は一心同体。ぜひ、健康な体づくりと、新感覚ナイトケアジェル『ディグニテペルレ』で、ピン!とした張りのある健康お肌を目指しましょう!
※よろしければ『いいね!』をお願いいたします!

4Dup