女性の美容にも?!ビールの栄養

おはようございます!

4Dupです!

今日も猛暑日となる予想で、東京の都心では観測史上初めてという、統計を取り始めてから最も長い5日連続の猛暑日となるようです。

 

熱中症に詳しい先生によれば、気温が35度以上の猛暑日や、25度以上の熱帯夜が続くと、当然ですが家の中まで暑くなります。そのため眠りが浅くなったり、また高齢者の場合は、体力が落ちているのに加え、『冷房=体に毒』という考えの方も多く、そんな気温でもエアコンなどつけないで寝る方も多いことでしょう。そして体調を崩しがちになり、急激に熱中症など体調が悪化するケースが多いということです。
また、昼間に暑い中で働いている人や、日中に運動をしていた人も十分な睡眠が取れなかったり、夜間に大量の汗をかいて脱水状態になったまま暑い中で働くことで、熱中症のリスクが高まると指摘しています。

昼間だけでなく、熱帯夜には夜間もエアコンを使い、水分や塩分、場合によっては栄養を補給することが必要だとしています。また、エアコンの効いた室内や車の中では空気が乾燥するので、気がつかないうちに体から水分が奪われがち。

 

くれぐれも『トイレが近くなるから』などと、水分の補給を控えることは絶対にしないで、寝る前には最低でもコップ一杯のお水を飲むことを心がけましょう。それでは本日もよろしくお願いいたします!

 

女性にオススメしたいビールの栄養

 

JSK542_kanpai-thumb-1000xauto-15390

 

今日、8月5日は「世界ビール・デー(International Beer Day)」だそうです。

2007年にアメリカ・カリフォルニア州サンタクルーズで開始されたそうで、主なテーマは「友人たちと集まってビールを楽しみ、醸造会社などビール製造に関わる人たちに感謝をする日」だとか。楽しそうですね。

 

さて、この暑い時期、当然ながら一年で一番ビールの消費量が増える時期でもあります。

 

私たちとビールとの関わり合いは、大変に長~~~いお付き合いになります。 諸説ありますが、一説にはなんとその紀元前8000~4000年までさかのぼるといわれ、文明とともに古くから人々に親しまれていたのは確かなようです。当時のビールの製法は、まず麦を乾燥して粉にしたものをパンに焼き上げ、このパンを砕いて水を加え、自然に発酵させるという方法だったようで、ホップを使ってはいなかったようです。

 

そんな長いお付き合いのビールですが、女性からしたら、あまり良い印象はないかも知れません。単純に「苦い」という味はもちろん、「ビールは太るから・・・」と思われている方も少なくないことでしょう。ですが、実はビールは女性にとってもオススメしたい栄養がたくさん含まれていることをご存知でしたか?

 

ビールの種類によって違いはあるものの、体の主なエネルギー源、炭水化物、お肌をはじめ体を作る超大事なタンパク質、そして糖などの代謝を助けるビタミンB群、ミネラルがバランスよく含まれています。

 

また、ビールに含まれる酵母には、ビタミンB群でも、疲労回復や糖質の分解に関わるビタミンB1、糖質や脂質の代謝を促進するビタミンB2、老化を防止するビタミンB6、赤血球を造るビタミンB12が含まれているため、ビールはまさに「ビタミンBの宝庫」なのです。よく「ビール酵母」だけでサプリメントとして販売されていますよね。それだけ栄養分としてもとっても優秀なのです。

 

そのほかにも、ビールの原料で、あの独特の苦みを生み出すホップには、気分を落ち着かせたり、胃液を分泌させたり食欲増進する作用もあります。

 

夏の暑さで、「あまり食欲がなくて・・・」という方、「せっかくお酒を飲むなら美容にも良いものを飲みたい・・・」という方には、ビールはまさにうってつけなお酒なのです!

ただし、飲み過ぎは禁物!(当然ですが・・・)

 

OZP68_kanbeermotteyottaossan-thumb-1000xauto-16504

 

こんなに栄養としてもとっても優秀なビールですが、当然ながらお酒ですので、もちろん飲み過ぎは禁物!そして、これまた当然ですが、カロリーもありますし、先ほど書いた通り、ビールには食欲を増進するはたらきもあるといわれているので、ビールにピッタリなおつまみである、フライドポテトやソーセージ、串カツなどなど、高カロリーな食べ物もバクバクいけてしまう危険性もあります。

 

枝豆や冷奴、酢の物、サラダなど比較的低カロリーでヘルシーなおつまみを頼みつつ、適量(あくまでも飲み過ぎない、ほろ酔い程度)で済ませれば、上に書いた通り、女性にとって、とっても良いお酒になることでしょう。美容にも期待できるビールとヘルシーなおつまみで、お風呂上りに軽く一杯。そして、お顔には新感覚ナイトケアジェル『ディグニテペルレ』で、キレイをサポートいたします!

※よろしければ『いいね!』をお願いいたします!

4Dup

 

 

女性の美容にも?!ビールの栄養

おはようございます!

4Dupです!

今日も猛暑日となる予想で、東京の都心では観測史上初めてという、統計を取り始めてから最も長い5日連続の猛暑日となるようです。

 

熱中症に詳しい先生によれば、気温が35度以上の猛暑日や、25度以上の熱帯夜が続くと、当然ですが家の中まで暑くなります。そのため眠りが浅くなったり、また高齢者の場合は、体力が落ちているのに加え、『冷房=体に毒』という考えの方も多く、そんな気温でもエアコンなどつけないで寝る方も多いことでしょう。そして体調を崩しがちになり、急激に熱中症など体調が悪化するケースが多いということです。
また、昼間に暑い中で働いている人や、日中に運動をしていた人も十分な睡眠が取れなかったり、夜間に大量の汗をかいて脱水状態になったまま暑い中で働くことで、熱中症のリスクが高まると指摘しています。

昼間だけでなく、熱帯夜には夜間もエアコンを使い、水分や塩分、場合によっては栄養を補給することが必要だとしています。また、エアコンの効いた室内や車の中では空気が乾燥するので、気がつかないうちに体から水分が奪われがち。

 

くれぐれも『トイレが近くなるから』などと、水分の補給を控えることは絶対にしないで、寝る前には最低でもコップ一杯のお水を飲むことを心がけましょう。それでは本日もよろしくお願いいたします!

 

女性にオススメしたいビールの栄養

 

JSK542_kanpai-thumb-1000xauto-15390

 

今日、8月5日は「世界ビール・デー(International Beer Day)」だそうです。

2007年にアメリカ・カリフォルニア州サンタクルーズで開始されたそうで、主なテーマは「友人たちと集まってビールを楽しみ、醸造会社などビール製造に関わる人たちに感謝をする日」だとか。楽しそうですね。

 

さて、この暑い時期、当然ながら一年で一番ビールの消費量が増える時期でもあります。

 

私たちとビールとの関わり合いは、大変に長~~~いお付き合いになります。 諸説ありますが、一説にはなんとその紀元前8000~4000年までさかのぼるといわれ、文明とともに古くから人々に親しまれていたのは確かなようです。当時のビールの製法は、まず麦を乾燥して粉にしたものをパンに焼き上げ、このパンを砕いて水を加え、自然に発酵させるという方法だったようで、ホップを使ってはいなかったようです。

 

そんな長いお付き合いのビールですが、女性からしたら、あまり良い印象はないかも知れません。単純に「苦い」という味はもちろん、「ビールは太るから・・・」と思われている方も少なくないことでしょう。ですが、実はビールは女性にとってもオススメしたい栄養がたくさん含まれていることをご存知でしたか?

 

ビールの種類によって違いはあるものの、体の主なエネルギー源、炭水化物、お肌をはじめ体を作る超大事なタンパク質、そして糖などの代謝を助けるビタミンB群、ミネラルがバランスよく含まれています。

 

また、ビールに含まれる酵母には、ビタミンB群でも、疲労回復や糖質の分解に関わるビタミンB1、糖質や脂質の代謝を促進するビタミンB2、老化を防止するビタミンB6、赤血球を造るビタミンB12が含まれているため、ビールはまさに「ビタミンBの宝庫」なのです。よく「ビール酵母」だけでサプリメントとして販売されていますよね。それだけ栄養分としてもとっても優秀なのです。

 

そのほかにも、ビールの原料で、あの独特の苦みを生み出すホップには、気分を落ち着かせたり、胃液を分泌させたり食欲増進する作用もあります。

 

夏の暑さで、「あまり食欲がなくて・・・」という方、「せっかくお酒を飲むなら美容にも良いものを飲みたい・・・」という方には、ビールはまさにうってつけなお酒なのです!

ただし、飲み過ぎは禁物!(当然ですが・・・)

 

OZP68_kanbeermotteyottaossan-thumb-1000xauto-16504

 

こんなに栄養としてもとっても優秀なビールですが、当然ながらお酒ですので、もちろん飲み過ぎは禁物!そして、これまた当然ですが、カロリーもありますし、先ほど書いた通り、ビールには食欲を増進するはたらきもあるといわれているので、ビールにピッタリなおつまみである、フライドポテトやソーセージ、串カツなどなど、高カロリーな食べ物もバクバクいけてしまう危険性もあります。

 

枝豆や冷奴、酢の物、サラダなど比較的低カロリーでヘルシーなおつまみを頼みつつ、適量(あくまでも飲み過ぎない、ほろ酔い程度)で済ませれば、上に書いた通り、女性にとって、とっても良いお酒になることでしょう。美容にも期待できるビールとヘルシーなおつまみで、お風呂上りに軽く一杯。そして、お顔には新感覚ナイトケアジェル『ディグニテペルレ』で、キレイをサポートいたします!

※よろしければ『いいね!』をお願いいたします!

4Dup