良いお天気が美容を作る?!

おはようございます!
 
4Dupです!
 
 今日も全国的にあいにくなお天気です。西日本は暑さが戻ってきたり、東日本は涼しかったり、体調管理が難しいと思いますが、しっかりと食事と睡眠をとって、乗り切っていきましょう!
 
それでは本日もよろしくお願いいたします!
 
 
 
今日、8月28日は「気象予報士の日」だそうです。
 
 1994年のこの日、第1回の気象予報士国家試験が行われたことにちなんでのものだとか。今やテレビの天気予報では欠かせない存在ですよね。それぞれの番組に『名物キャラ』のような方がいて、コーナーなども持ってたりして、その方を目当てに天気予報を見る方も多いそうです。
 
ちなみに第1回目の試験の合格率は18%だったそうです。難関ですね。
 
 

お天気と元気、美容の関係

 
PAK75_nemuinya20150109091434-thumb-autox1000-18123
 
 そんな頼りになる天気予報士の方が伝えてくれる天気予報ですが、お天気の状態とお肌、健康の関係性があるのではないか?という説があります。
 
 体の成長ホルモンに「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)というものがあり、そのホルモンが増えることで、エイジングケアやダイエットなど美容にも効果を発揮するという説を提唱する医学博士もいるそうです。
 
その成長ホルモンは気分にも左右され、そして天気にも左右されるとか。
 
良いお天気の日に散歩などすると、気分も晴れ晴れとするのではないでしょうか。
 
 その博士によれば、そうした時に、体の中でその成長ホルモン「IGF-1」が増えているといいます。
 
逆に梅雨などジメジメとして長い雨などで憂うつな気持ちの時は、減っているとか。
 
 その博士が行った試験では、お肌のハリ、つやなども変わったということも言われていて、最近のように天候が不安定なときは、たとえば自宅でゆっくりお風呂に入ったり、好きな音楽を聴いたり、アロマをつかってみたり、とにかくリラックスできるようなものでカバーすると良いそうです。
 
 昔から『病は気から』などと言いますが、案外当たっているのかも?知れませんね。美容にも効果が期待できるという成長ホルモンを増やし、そして外側からは新感覚ナイトケアジェル『ディグニテペルレ』で、キレイを目指してみてはいかがでしょうか!
 
 
※よろしければ『いいね!』をお願いいたします!

4Dup