美容に心強い味方?抗酸化作用の強いお野菜

おはようございます!
 
4Dupです!
 
 今日も全国的にあいにくなお天気です。気温の寒暖差も激しいのでくれぐれも体調管理にはお気をつけください。
 
それでは本日もよろしくお願いいたします!
 
 
 
今日、8月31日は「野菜の日」だそうです。
 
 全国青果物商業協同組合連合会など9団体の関係組合が1983年に制定したそうで、「や(8)さ(3)い(1)」の語呂合せ・・・だとか。
 
美容に、健康に毎日欠かせない野菜。果たしてどのようなお野菜を食べていけば良いのでしょうか。
 
 

エイジングケアに欠かせない野菜とは?

 
c0bff88dda1588e062b9e31c26d5c124_s※スムージーとして摂るのもオススメです
 
 
ポイントとしては『抗酸化作用』というものが挙げられそうです。
 
 体は日々、さびていきます。そして、それが加齢とともに、シミやシワ、たるみ・・・などなど、表にあらわれてきます。
 
 それに抵抗し、スピードをゆるやか~にするのが、「抗酸化作用を持つ食品」といえるでしょう。
 
特長としては色の濃い野菜が挙げられます。いわゆる緑黄色野菜ですね。
 
ニンジン、カボチャに含まれる「カロテン」、トマトに含まれる「リコピン」が代表的な存在です。
 
 また、薬味などでも欠かせないニンニク、ショウガ、ネギには辛み成分「アリシン」が強い抗酸化作用を持つといわれています。
 
 さらにお茶(緑茶)に含まれる「カテキン」も抗酸化作用があります。これらを組み合わせてお料理して、そして一緒にお茶を飲めば、『錆びない体』につながるかも?知れませんね!
 
 そのほかに、鮭などに多く含まれる「アスタキサンチン」や、ブルーベリーなどに多く含まれる「アントシアニン」も、強い抗酸化作用で、目やお肌の健康をサポートしてくれることでしょう。ぜひ、体の内側・・・インナービューティーは食品から、そしてお顔には新感覚ナイトケアジェル『ディグニテペルレ』で、キレイをサポート!
 
 
 
※よろしければ『いいね!』をお願いいたします!

4Dup