今、立ち飲みで日本酒が流行のきざし。育毛にもオススメしたい理由

育毛に日本酒をオススメしたい理由

 
558f5589ed8413d70ea99441530b7630_s
 
「日本酒など醸造酒は、適度に飲めば育毛に良い作用が期待できます」
 
 そう言うのは、「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)育毛理論を提唱し、自身も名古屋で毛髪内科を開業。育毛に関する著書も多く出版している岡嶋研二博士。
 
 なぜ日本酒などの醸造酒が良いかというと、お酒の製造方法にポイントがあるそうです。
 
 醸造酒は、酵母菌などの微生物が、糖分を分解することによって出来るのがほとんどです。大麦を発酵させたものがビール。そして、お米を発酵させたのが、日本酒になります。
 
 ちなみに、発酵食品自体が、育毛に深く関わっているという成長ホルモン「IGF-1」を増やしてくれるそうで、ヨーグルトや納豆、漬物、お味噌なども良いそうです。
 
そんな日本酒ですが、今の流行としては立地条件が改めて重要視されているとか。
 
 

駅近、便利なエリアが今、流行り!

 
dbb967c8e7ddef33cb6d673c049d1c19_s
 
立ち飲みで、日本酒をキューッと。昔ながらのお酒を飲む姿でしょう。
 
そして、それは若いビジネスマンやOLさんたちに受けているそうです。
 
 ポイントは駅からいかに近いか、だとか。これはナットクですね。駅から近ければ、それだけ楽ですし、駅ナカの立ち飲み屋さんでしたら、どんなに大雨だろうが濡れずに帰ることができます。
 
 そして、オシャレで明るい店内の雰囲気に、スペインバルのような多彩なおつまみ。ヘルシーでちょこっとずつ、たくさん楽しめるのが大きいとのこと。また、たくさんの日本酒の種類の中からお好みを選べるのも大きいでしょう。
 
 

明朗会計、サクッと飲めて帰れるのが人気

 
IMG_768715072758syoutengai-thumb-1000xauto-18919
 
 ブラック企業・・・なんて言葉がありますが、仕事が忙しくなかなか早く帰れない方も多いことでしょう。
 
 「それでもお酒が飲みたい!」「このまま家に帰るだけなんて・・・」という方たちに、立ち飲みのスタイルがとてもウケているそうです。いつまでもダラダラと遅くまで飲んで、終電は・・・と、心配しなくて済む。サクッと飲んで帰れるので、体にも、そしてお財布にも優しい。
 
何より育毛にも良さそうなのは、飲み過ぎなくて済みそう、という点でしょう。
 
日本酒ならば1合ぐらいが適度な量だと岡嶋博士はいいます。
 
 “腹八分”ではありませんが、お酒が好きで強い方は、そのぐらいで止めてみてはいかがでしょうか。きっと、体にも、そして髪の毛にも?良い結果になるのではないでしょうか。
 
 

適度な醸造酒でも“増える”が期待される成長ホルモン「IGF-1」。それに着目した『QEPPER(ケッパー)』サプリ&ローション、オススメです。