育毛に!新たな商品で昆布の可能性

海藻はやっぱり育毛にも良かった

img_69133_5
 
 昆布やワカメなど海藻類は、昔から髪に良い食べ物、と言われていましたが、成長ホルモン「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)による育毛理論の提唱者する岡嶋研二博士は、昆布やワカメなどの海藻類には、「IGF-1」を増やす栄養素があるといいます。
 
 なぜかというと、海藻類を食べるとそれに含まれる健康成分である「フコイダン」や、「カラギーナン」などが体の中の知覚神経を刺激し、「IGF-1」が増えるとか。そうすることで、育毛の後押しになるのでは、と見ています。
 
 
a0002_011914_m
 
 
 また、ワカメや昆布、メカブ、モズクなどのヌルヌル、ネバネバ成分は、良質な食物繊維でもあるので、育毛のことだけでなく、単純に体に良いということで、やはり積極的に食べた方が良さそうです。
 
 そんななか、もしかしたら育毛にも?効果があるかも知れない商品が発売されました。
 
 

昆布を手軽に、毎日でも飽きない味で育毛にも・・・

 
img_69133_3
 
 広島にある今村屋さんは、鰹節や昆布、椎茸といった「ダシの旨味」を活用した商品のメーカー。そこから、「とろろ昆布の佃煮」が9月24日に発売されました。
 
 昆布は元々和食に欠かせません。ダシだけでなく、おしゃぶり昆布やとろろ昆布、刻み昆布の佃煮、煮物の具として食べるのが一般的。しかしこの今村屋さんは「もっと手軽に、美味しく、飽きずに毎日食べられる方法はないか」と考え、この「とろろ昆布の佃煮」が完成したそうです。
 
 
img_69133_1
 
 
 佃煮は元が“保存食”ですから、基本的に濃い味付けであり、醤油や砂糖がたっぷり使われ、「甘ったるい」「どれも似たような味がする」というイメージが強いですが、旨みが出やすい“とろろ昆布”で試作してみたところ、化学調味料で旨みをつけなくても十分に美味しく、コクの深い佃煮ができたといいます。
 
 飽きずに食べられる・・・味が濃いものですとどうしても途中で飽きが来たり、ずっと冷蔵庫の中で放置されたまま・・・なんてことがありがちですが、これなら毎日食べられて、そして育毛にも効果が期待できる昆布の栄養が摂れますね。
 
 

一緒にキノコも食べれば育毛になお期待大!

 
img_69133_2
 
 見た目はよくある真っ黒で、ごく普通の“のり佃煮”のようですが、食べると昆布の旨みと香りが口に広がる、「だしの旨み」と「独特な食感」が特長の新しい佃煮だそうですよ。
 
 販売は中国エリアは「天満屋緑井店・アルパーク店・広島空港ショップ」、「福屋広島空港ショップ」など、東北エリアは仙台「杜の市場」など、北海道エリアはアークスグループ「フクハラ」などで、随時販売を開始するとのこと。もしお近くに寄られた際は、一度試してみてはいかがでしょうか。
 
 ちなみに、昆布だけでなく、シイタケに含まれる食物繊維であるβ-グルカン。これも体の中で知覚神経を刺激し、「IGF-1」を増やすはたらきがあるといいます。
 
 ぜひ、佃煮だけでなく、海藻類とキノコ・・・旨味たっぷりの食材を、もっと食卓に取り入れてみませんか!
 
 
 

海藻類がなかなか食べられない方、キノコが苦手な方にも!成長ホルモン「IGF-1」に着目した『QEPPER(ケッパー)』サプリ&ローション、オススメです。