育毛に!「豆腐の日」に豆腐を食べる

「豆腐の日」に育毛のための豆腐

 
3057aabbc1c1d1d8f72daff590af2828_s
 
 10月2日は「豆腐の日」だそうです。日本豆腐協会が1993(平成5)年に制定したそうで、「とう(10)ふ(2)」の語呂合せ・・・というとっても分かりやすいお話。
 
 豆腐といえば、度々ご紹介していますが、「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)育毛理論を提唱する岡嶋研二博士によれば、育毛に深く関わるという成長ホルモン「IGF-1」を増やしてくれる食品だといいます。
 
育毛を頑張る方にとっては、ピッタリ!な日・・・かも知れませんね。
 
そのポイントが豆腐に含まれている、大豆から摂れる「イソフラボン」にあります。
 
 

豆腐のイソフラボンが「IGF-1」を増やす!

 
a0002_010825_m※麻婆豆腐(+唐辛子)なら、さらに増えるチャンス!
 
 
 お豆腐と言えば、大豆。その大豆に含まれる健康成分に「イソフラボン」があります。
 
 ご存じの方も多いことでしょう。イソフラボンは、つい最近「骨吸収(損失)を抑える働きと、骨形成を促進する働きの両方の働き」というパッケージ表記で発売される機能性表示食品『大豆もやし』にもあるように、成長をサポートしてくれるはたらきが期待できるのです。
 
 そして、それは「髪の毛を豊かにたもつ」というはたらきも研究で報告されています。
 
 また、イソフラボンのはたらきだけでなく、さらに力強く育毛を後押しするのが「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)。成長ホルモンのひとつで、育毛からダイエット、アンチエイジングなど、様々な方面から、私たちを健康にみちびいてくれる注目の成分でもあると岡嶋博士はいいます。
 
 お豆腐などを食べると、それに含まれる大豆の「イソフラボン」が、胃などの知覚神経を刺激して、「IGF-1」が分泌されるようになるといいます。
 
 

“TOFU”は海外でも大人気!

 
5c6a638a2bddae8454a1f34b8df295e5_m※イメージ画像 豆腐ステーキ
 
 
私たちの食卓に欠かせないお豆腐。
 
 世界でもヘルシーな食品として、とっても人気です。その秘密は、ヘルシーなのはもちろんですが、淡白な味で、どんな料理にもマッチするからでしょう。ドイツなどヨーロッパでは、ステーキなどにして食べるのが人気だとか。
 
 また、唐辛子に含まれる辛味成分である「カプサイシン」も、イソフラボンと同じく「IGF-1」を増やすはたらきがあるそうで、岡嶋博士いわく「この2つの組合せが最強」だそうです。
 
 冷奴やお豆腐の味噌汁に一味唐辛子をパッパッ、あるいは麻婆豆腐など、積極的に食べていけば、育毛に、ダイエットに、エイジングケアに、とても有効だといいます。(※あくまでも食べ過ぎなければ・・・ですが)
 
 美味しいお豆腐を食べて応援すれば、普段から頑張り続ける頭皮や毛母細胞から、感謝されること間違いなし?!・・・かも知れません。
 
 
 
bdc665a371692bab70152d81550ec355_s※ビールも「IGF-1」を増やしてくれるとか。一緒に飲めば効果抜群?!
 
 
 

お豆腐が好きな方も、そうでない方も!成長ホルモン「IGF-1」に着目した『QEPPER(ケッパー)』サプリ&ローション、オススメです。