食べなきゃモッタイナイ!キノコの栄養と美容効果

おはようございます!
 

4DUP

です!
 
 そろそろ本格的に秋も深まり、涼しいを通り越し朝晩は寒く感じるこの頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか!くれぐれも体調管理にご注意くださいませ。
 
それでは本日もよろしくお願いいたします!
 
 
 
今日、10月15日は「きのこの日」だそうです。
 
 日本特用林産振興会が1995(平成7)年5月の総会で制定したそうで、10月はきのこ類の需要が高まる月で、その月の真ん中の15日を中心に椎茸を始めとするきのこ類の消費PRを行っていこうということから・・・だとか。
 
 

特に女性にオススメしたいキノコ類

 
 
4c5f68051a16923fd57cfbc81be65de8_s
 
 
キノコと言えば、低カロリーで食欲の秋についつい食べ過ぎてしまう時にもとっても助かる食材です。
 
 キノコ類にとにかく多いのが食物繊維。『β-グルカン』という食物繊維で、お通じを良くしたり、腸内環境を整えたり、ダイエット効果がいわれたりしていますが、一説によれば体が備えるNK(ナチュラルキラー)細胞を活性化して、ガンを防ぐ作用も報告されているとも言われています。
 
 また、干し椎茸など乾燥させたきのこはビタミンDを豊富に含むようになります。ビタミンDはカルシウムの吸収を促進して骨や歯を丈夫にする効果が期待されており、骨粗しょう症などカルシウム不足が気になる女性にはウレシイ栄養ですね!
 
 さらにミネラルも豊富。その中でもカリウムが多く含まれているといいます。キノコの中でもエリンギに多く含まれているそうです。日ごろ外食などで塩分を多く摂ってしまいがちな方には、その分摂りたい栄養素ですね。
 
 

健康だけでなく美容にも良かった!

 
 
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-AI_IMG_7793-thumb-1000xauto-12527
 
 
 ちなみに、キノコ類にはお肌の美容効果が見られるものも多く、肌荒れを防ぐビタミンB2、お肌の潤いを保つトレハロース、シミやそばかすの原因となるメラニン色素の発生を抑えるチロシナーゼ阻害物質も含まれているものもあるそうです。
 
 こんなに優秀なキノコを食べないなんてモッタイナイ!ですね。ぜひ、今が旬のキノコ、召し上がってみてはいかがでしょうか。
 
 美容と健康、エイジングケアにも大活躍のキノコ。でも、どうしてもキノコは苦手・・・という方にも新感覚ナイトケアジェル「ディグニテペルレ」オススメです!
 
 
 
※よろしければ『いいね!』をお願いいたします!

4Dup