世界に1つだけのチョコで育毛生活を目指す

チョコレートの力で「IGF-1」増やす生活

 
2c564ec3139b918fa14bfca6ffb4713f_s
 
 
 成長ホルモン「IGF-1」(インスリン様成長因子-1)による育毛理論を提唱している岡嶋研二博士によれば、普段なにげなく食べているチョコレート1つとっても育毛につながるといいます。チョコレートに含まれているカカオマスポリフェノールは、胃などの知覚神経を刺激し、育毛にも関わるという成長ホルモン「IGF-1」を増やすとしています。
 
 もちろん、それは駄菓子のようないわゆる準チョコレートや、ホワイトチョコレート、甘~いミルクチョコレートではダメで、カカオが70%以上含まれている本格的なタイプ、ビターなチョコレートが良いそうです。
 
そんなチョコレートですが、それが自分自身の手で、豆から作れるとしたら・・・
 
 

今注目の“手づくりチョコレート”は、豆の焙煎から

 
80dd5d91bf828c754810c8d58cc321cc_s※イメージ画像
 
 
 カカオの生豆から作る“ビーントゥーバー・チョコレート”で手づくりするスウィーツキットが新登場しました。フェリシモの食のブランド『CHOU CLUB[シュークラブ]』は、2015年10月13日より、「カカオ豆からつくるカカオスウィーツ6ヵ月コース」のウェブ販売を開始したそうです。
 
 コーヒーなど、豆にこだわるサードウェーブコーヒーの流行とともに、そうしたショップで販売されることもあり注目されるようになった、豆にこだわり、豆からチョコレート作りをする「bean to bar(ビーントゥーバー)・チョコレート」。この新しい流れは、世界的な広がりをみせるチョコレート業界のトレンドだそうで、日本でも多くのビーントゥーバー・チョコレートのブランドが出てきているそうですね。
 
 この「カカオ豆からつくるカカオスウィーツ6ヵ月コース」は、カカオの生豆を焙煎(ロースト)してチョコレート作りを行うほか、そのチョコレートを使った手づくりスイーツを作る「スウィーツキット」で、生カカオ豆から作る基本となるビターチョコを使って、毎月1回のお届けで全6種類のスウィーツが作るれるそうですよ。
 
 
d12759-155-923241-2
「カカオ豆からつくるカカオスウィーツ6ヵ月コース」をウェブで
(申込みの締切:2015年11月29日)
 
・デジタルカタログでも
 
 
d12759-155-658150-3
 
 
・お届けの例と手づくりする6種類のスウィーツ
カカオ生豆やスウィーツ作りに必要な材料とレシピを毎月お届けします。生豆から作ったビーントゥーバー・チョコレートで手づくりするスウィーツは6種類。(12月:チョコレートドリンク、1月:生チョコ、2月:アマンドショコラ、3月:ブラウニー、4月:クランチチョコ、5月:カカオアイス)
 
d12759-155-466589-4
 
 
・生豆焙煎から作る、ビーントゥーバー・チョコレート作りの流れ
 
d12759-155-619361-6
 
1.カカオ豆を洗う。 2.フライパンで焙煎。 3.皮をむき、豆を砕く。 4.湯煎し溶かす。 5.砂糖を入れる。 6.型に入れて冷やす。
 
d12759-155-898075-1
 
 
 カカオ豆がチョコレートになるまでには、とても長い道のりがあるそうです。カカオ農園でカカオの実を収穫、実から生豆を取り出して発酵や乾燥を経て、やっとチョコレートの原材料となるカカオ豆となります。
 
 チョコレートの原材料の乾燥豆から板状のチョコレートのかたまり“クーベルチュール”が作られます。「○○産チョコ使用」とうたわれている多くのチョコレート菓子などは、このクーベルチュールを溶かしてそれを材料に製造され、流通しています。それに対してビーントゥーバー・チョコレートは、クーベルチュールよりも前段階のカカオの生豆を焙煎し練り上げるところから作ります。焙煎のしかた、練り上げ方によっても味わいが変わります。もちろん豆の産地によっても味が違うといいます。
 
 
d12759-155-674528-10
 
 
■ビーントゥーバー・チョコレート作りだけにチャレンジしてみたい方には
 
生のカカオ豆がチョコレートになるまでの手順説明付きで、誰でもビーントゥーバー・チョコレートづくりが楽しめるキット。できあがりは、濃厚でいて後味さっぱりの味わい。モールドはかわいいカカオ豆形で、チョコレートができあがったら、ギフトにもピッタリだそう。
 
【ダイレクト便(フェリシモR)】
カカオ豆からつくるDari K手づくりチョコレートキット
・セット内容/モールド、ブックレット、生カカオ豆約80g×2袋
詳細と申込み >>> http://www.feli.jp/s/pr15102302/5/
 
 
d12759-155-523938-7
 
 
d12759-155-668075-8
 
 
・チョコレート作りの流れ
 
d12759-155-441656-9
 
 
■『CHOU CLUB[シュークラブ]』
・ウエブサイト >>> http://www.feli.jp/s/pr15102302/4/
 
 

世界に一つだけの・・・

 
a0002_010197_m
 
 
 いかがでしょうか。手作りのチョコレート。たとえばバレンタインにもらったことがある方もいることでしょう。でも、豆から手作りのチョコレートをもらったことがある、という方は意外に少ないのではないでしょうか。
 
 この機会に自分用にでも、カカオマスポリフェノールの効能を期待しつつ、カカオ豆から作ってみてはいかがでしょうか。
 
 また、これをきっかけにチョコレートの世界へ入るのも、ありなのかも知れません。また、ポリフェノール以外にも食物繊維や、カルシウム、鉄分、マグネシウム、亜鉛などのミネラルも含まれており、その点でも「IGF-1」を増やすはたらきが期待できるといえるでしょう。
 
 また、世界的なチョコレートブランドGODIVAによると、チョコレートにはテオプロミンという成分が含まれており、神経を鎮静させる作用があり、リラックス効果もあるといいます。そうした面でも育毛生活を目指すには良いかも知れませんね。
 
 ただし、体に良いといってもやはりチョコレートはお菓子であり、相応のカロリーがあります。くれぐれも食べ過ぎないようにしましょう。
 
 
 
 

チョコが大好きな方も、甘いものが苦手な方も、成長ホルモン「IGF-1」を増やすことに着目した『QEPPER(ケッパー)』育毛ローション&サプリ、オススメです。