エイジングケアには欠かせない!ピーナッツのひみつ

おはようございます!
 

4DUPです!

 
今日は全国的におだやかな気候で過ごしやすい一日になるそうです。
 
本日もよろしくお願いいたします!
 
 
 
今日、11月11日は「ピーナッツの日」だそうです。
 
 全国落花生協会が1985(昭和60)年に制定したそうで、新豆を使った落花生が市場に出始めるのがこの頃で、ピーナッツは1つの殻に2粒の豆が同居する双子であることから、11のぞろ目の日を記念日にした・・・とか。
 
 
食べだしたら止まらない食べ物の一つであるピーナッツ。
 
 そのままだけでなく、バターに、料理に、お菓子に大活躍の食材ですが、栄養の方もとっても優秀でありました。
 
 

話題の不飽和脂肪酸がたっぷり

 
peanut-1328063
 
 
 ピーナッツは、ピーナッツバターや中華料理などでよく使われる落花生油があるように、意外に油っぽいもの。しかし、そのピーナッツに含まれるアブラに秘密がありました。
 
 私たちには欠かせない不飽和脂肪酸であるオレイン酸、リノール酸がたっぷりと含まれているのです。主なはたらきは、血中の中性脂肪や悪玉コレステロールの増加をおさえるはたらきなどがいわれています。
 
 

エイジングケアにも欠かせない!

 
a0002_001136_m※薄皮の部分にレスベラトロールが多く含まれているという
 
 
 そして、エイジングケアにもとても良い食べ物なのです。「若返りのビタミン」ともいわれるビタミンEが含まれており、活性酸素に負けない体を作る強い抗酸化作用を持つポリフェノールの一種である「レスベラトロール」が含まれていることも、最近の研究で分かりました。
 
 この成分は赤ワインに多く含まれていて、一説には私たちの体の中の「長寿遺伝子」にはたらきかける、ともいわれている注目の成分でもあります。特に豆の薄皮の部分に多く含まれるそうなので、多少渋みなどはありますが栄養を考えたら皮をむかずにそのまま食べるのもいいかも知れませんね。
 
 そして、ピーナッツにはアミノ酸の一種アルギニンも含まれていて、血行を良くするといわれているので、冷え性や血行不良による肩こりなどを改善するともいわれています。
 
 ビタミンE、レスベラトロール、アルギニン・・・女性にはウレシイ栄養ばかり含まれるピーナッツ。これは食べなきゃモッタイナイ?!
 
 ただし、ピーナッツのカロリーは、100gで585kcal。たとえばテレビなど見ながらポリポリと食べていると、100gなんてアッと言う間でしょうから、いくら体に良いとはいえくれぐれも食べ過ぎには注意したいですね。
 
 適度にピーナッツを食べて健康とエイジングケアを。そして、寝る前の新感覚ナイトケアジェル「ディグニテペルレ」でさらにエイジングケアをキープしましょう!
 
 
 
 
※よろしければ『いいね!』をお願いいたします!

4Dup