お肌の健康は“まごわやさしい”

おはようございます!
 

4DUPです!

 
 今日は全国的におだやかな天気のようですが、昨日よりも冷え込みが厳しくなるようです。ぜひお出かけの際は、温かくしてお出かけください。
 
それでは本日もよろしくお願いいたします!
 
 
 
今日、11月12日は「皮膚(ひふ)の日」だそうです。
 
 日本臨床皮膚科医学会が1989(平成元)年に制定したそうで、「い(1)い(1)ひ(1)ふ(2)」の語呂合せ・・・だとか。
 
 

皮膚を内側からケアする!

 
https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-04-AI_IMG_7793-thumb-1000xauto-12527
 
 
 普段、皮膚・・・お肌をキレイに保つために、化粧品でしたり、UVケアの商品などなど、様々なものでケアされていることと思います。しかし、外側からのケアだけでなく、内側からのケアも大事になってきています。いわゆる“インナービューティー”というものですね。
 
やはりキレイなお肌を保つには、健康な皮膚を作る普段の食事、栄養は欠かせません。
 
 一般的に皮膚を健康に保つために摂っておきたい栄養素は、ビタミンB2・B6、鉄などといわれています。
 
 特に、ビタミンB2、B6は皮膚や粘膜を健康に保つ重要な栄養素で、不足すると皮膚が乾燥しがちになったり、粘膜炎、口内炎、口角炎などが出来やすくなるといいます。
 
 TVCMでもオナジミの商品も、『肌あれと、疲れた時に』とPRしていますし、実際に使っている人の口コミでは、口内炎が良くなった、という意見も多いようです。それだけお肌や粘膜関係の健康と密接している栄養素なのですね。
 
 また、そのほかには同じビタミンでも、ビタミンAや、オナジミのビタミンCもとても良いといいます。ビタミンCは体内でコラーゲンの生成にも大事なはたらきをするため、コラーゲン関係の食品を摂る場合は一緒に摂るのも良いでしょう。ビタミンEは、抗酸化作用でお肌をケアします。
 
 そのほかには鉄分、亜鉛などのミネラルや、食物繊維が不足すれば便秘が起こりやすくなり、肌荒れやニキビが出来やすくなるともいわれています。
 
 

ま ご わ や さ し い

 
eab7561527f667e5b2abd6b3021d94d9_s
 
 
 健康によい食事は『まごわやさしい』と言われます。スポーツ選手や芸能人などの食生活指導をする、栄養アドバイザー杏林予防医学研究所所長の山田豊文先生の提案した食事法によるもの。健康に良いとテレビで紹介されたり、大リーガーも実践しているそうです。
 
ぜひ、美容と健康に、そのようなまごわやさしい食事を実践してみてはいかがでしょうか。
 
『まごわやさしい』とは下記のような食材だそうです。
 
 
ま 大豆、あずきなど豆類。タンパク質、マグネシウム
ご ゴマ ナッツ クルミ アーモンドなど。不飽和脂肪酸・ビタミンE
わ わかめ コンブ 海苔など。ヨード、カルシウム
や 野菜(根菜類)のこと。βカロテン、ビタミンC
さ 魚のこと。タンパク質、オメガ3脂肪酸、亜鉛
し しいたけ、しめじなどきのこ類。多糖類、食物繊維
い じゃがいも、さつまいもなどイモ類。食物繊維、炭水化物

 
 
 
 ぜひ『まごわやさしい』を実践して、お肌の健康を。そして、おやすみの前には新感覚ナイトケアジェル「ディグニテペルレ」でさらにお顔の健康と美容をキープしましょう!
 
 
 
 
※よろしければ『いいね!』をお願いいたします!

4Dup