つからなきゃもったいない!お風呂の効果はこんなに凄い

おはようございます!
 

4Dupです!

 
 今日は全国的にあいにくなお天気。北海道では62年ぶりの大雪に見舞われたりと、大変な状況ですが、くれぐれも足元などお気をつけください。
 
それでは本日もよろしくお願いいたします!
 
 
 
今日、11月26日は「いい風呂の日」だそうです。
 
日本浴用剤工業会が制定したそうで、「いい(11)ふろ(26)」の語呂合せ・・・だとか。
 
 
 

冷え性対策もバッチリ?!お湯につかろう

 
a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_s
 
 
 とにかく忙しい現代人。お風呂も日ごろ湯船につからずにシャワーで済まされている方も多いのではないでしょうか。
 
しかし、お風呂の効果・効能を考えると、それはとってももったいないことでもあるのです。
 
 まずは身体が温まって血行が良くなります。また、お湯で温められることによって、自律神経にも作用するとか。42℃以上の熱めのお湯は交感神経を刺激し、心身を活動的にしてシャキッとさせるそうですし、39℃以下のぬるめのお湯は、副交感神経を刺激し、心身を落ち着かせる効果があるそうで、寝る前に良い睡眠を私たちにもたらしてくれます。
 
 また、お湯につかる、お気に入りの入浴剤を使う、バスソルトを使う・・・などなど、ストレス解消、リラックス効果も期待できますね。
 
 

美容にも欠かせない!

 
62b84a9ff9513c663a4f49afecab455b_s
 
 
 また、お湯につかることで、疲労回復効果や、水の抵抗を受け、それが自然のマッサージ効果にもつながるそうです。だからこそ、シャワーだけでは味わえない疲労回復につながるわけですね。
 
 ちょっと熱めのお湯につかり、たっぷりと汗をかくことで、毛穴が開き、そこから余分な皮脂や毛穴の汚れが落ち、たまっていたお肌の老廃物も流れ落ちる、ちょっとしたデトックス効果も期待できるのです。
 
 さらに、お湯で体全体を温めることで体の代謝がUPし、ダイエットにもつながるという効果もいわれています。
 
 本当に時間がない場合は仕方ありませんが、『お湯につかるのが面倒くさい・・・』という理由でシャワーで済ませていたら、これはとってもモッタイナイことをしています。寒くなってきましたし、今からでも、ゆっくりとお湯につかりましょう。
 
 そしてお風呂上りには、おやすみ前の新習慣「ディグニテペルレ」でさらにお顔の健康と美容をキープしましょう!
 
 
 
 
※よろしければ『いいね!』をお願いいたします!

4Dup