美容にも。抗酸化作用すぐれる“歯医者さんのハーブ”

こんにちは!
 

4Dupです!

 
 
 
今日、12月14日の誕生花は「クローブ」の花だそうです。
 
 割と認知度の高いスパイスだと思います。主にシチュー、スープ、ピクルス、ホットワイン、チャイ、菓子などに使われるのが一般的で、とても強い風味があるので、お肉料理などクセの強いものに合うといいます。
 
 

歯医者さんのハーブ

 
d5e3fa06d447e7bf8423ca35cb814cca_s
 
 
 そんなオナジミのクローブですが、一説には「歯医者さんのハーブ」とも呼ばれているそうです。
 
 クローブ自体の成分に、強い鎮痛効果と抗菌効果があるといわれています。主に歯痛や歯肉炎を鎮めてくれます。歯科でも歯痛や居所麻酔などに利用されているそうです。
 
また、クローブに含まれる成分オイゲノールは抗酸化作用に優れ、エイジングケアにピッタリだといいます。
 
 お肉料理やスープだけでなく、ホットワインやお菓子など、普段のお食事にも積極的に取り入れていきたいものですね!その後にはおやすみ前の新習慣「ディグニテペルレ」でさらにお顔の健康と美容をキープしましょう!
 
 
 
 
※よろしければ「いいね!」をお願いいたします!

・4Dup