耳に感謝して、耳の栄養を考える日

こんにちは。
 

4Dupです!

 
 今日も北海道や東北、北陸地方は雪、それ以外は晴れかくもりという冬型の気候。相変わらずではありますが、皆さま連休を前に体調管理には十分お気をつけください。
 
それでは本日もよろしくお願いいたします!
 
 
今日、1月7日は「イヤホンの日」だそうです。イヤホンの情報サイト「イヤホンナビ」が制定したそうで、「い(1)や(8)ほん」の語呂合せ・・・だとか。
 
 
 

耳の栄養を考える

 
-shared-img-thumb-PAK86_mouichidoitte20140713_TP_V
 
 
頭に良い栄養、目に良い栄養・・・それぞれパッと思い浮かぶ方も多いことと思います。
 
たとえば、頭でしたらEPA・DHA、目でしたらアントシアニンやルテインなど。
 
今日の「イヤホンの日」にちなんで・・・なのですが、
 
 

耳に良い栄養は何ですか?

 
a0002_010299_m
 
 
そう質問されて、パッと答えられる方は少ないのではないでしょうか。
 
 当然ですが、耳は24時間365日フルに働き続けています。寝ている間も、何か物音がすれば目が覚めたりするのも、寝ていてもしっかりと耳が機能しているからにほかありません。
 
そんな働きづくめの耳にとって良い栄養とは・・・
 
 

・ビタミンB群

 
a0002_010983_m
 
 
ビタミンB群の中でも特にB12は、末梢神経の代謝を促進するはたらきがあるといわれています。
 
 
462d9a44c0e9c1d901b6470aeb15c4f9_m
 
 
 ビタミンB12を多く含む食品としては、アサリ、シジミ、サンマ、レバーなどがあります。また、そのほか、ビタミンB群を多く含む食品としては、豚肉、ピーナッツ、ゴマ、大豆、レバーなどがあります。
 
 
72d831da102e1f7af73e53358fdc963f_s
 
 
また、ビタミンB群は不足すると美容にもとても影響が出てきます。
 
 お肌や粘膜の健康に直結する栄養素ですから、ご紹介した食材を上手に組み合わせて食べる、または不足しそうだったらサプリメントで補助する・・・などなど、耳だけでなく一緒にお肌の美容と健康も目指しちゃいましょう。 
 
 そして、その後は、おやすみ前の新習慣「ディグニテペルレ」でさらにお顔の健康と美容をキープしましょう!
 
 
 
 
※よろしければ「いいね!」をお願いいたします!

・4Dup