忙しいママにオススメ!朝食にオススメしたいおもち

おはようございます。
 

4Dupです!

 
 今日から全国的に冷え込む気候になっていくそうです。また、インフルエンザも流行るきざしを見せているようですから、うがいや手洗い、そして意外に?知られていないのが口の中の歯垢などに付着してウィルスが残ることもあるそうです。しっかりと時間をかけて歯みがきもして、インフルエンザ対策していきましょう。
 
 
それでは本日もよろしくお願いいたします!
 
 
 

おもち、お団子で無病息災を願う

 
57a34f39fbf3737d80e03a3eea990077_s
 
 
今日、1月14日は「どんど焼き」の日です。
 
 
 地域によっては左義長や、どんどん焼きとも呼ばれ、8日や10日に行うところもあります。正月に飾った正月飾りや書き初め等を燃やす行事で、日本全国に伝わるお正月の火祭り行事です。
 
 よく行われるのが、田んぼや神社、空き地など広い場所に、長い竹や木、藁、茅(かや)、杉の葉などで作った櫓(やぐら)や小屋を組んで、正月飾り、書き初めで飾り付けをしたのちそれを燃やし、残り火で、柳の木や細い竹にさした団子、あるいは餅を焼いて食べるという習慣になります。
 
ちなみに、その時に組んだ櫓、小屋のことを「どんどや」というそうです。
 
 このどんど焼きの火にあたったり、焼いた団子を食べれば、その1年間健康でいられるなどの言い伝えもあり、無病息災・五穀豊穣(むびょうそくさい・ごこくほうじょう)を祈る民間伝承行事といわれています。
 
 もし、ご近所でこうした行事が行われているようでしたら、ご自身の、ご家族の健康をお祈りして参加してみてはいかがでしょうか。
 
 

朝食にオススメしたいおもち

 
18497f0f72a209505f99bae6dbf8f7ac_s
 
 
 どんと焼きといえば、おもちです。この時期、お正月前にたくさん購入して、おもちがまだまだ残っているご家庭も多いのではないでしょうか。
 
 忙しい朝に、一日のエネルギーがしっかりととれるおもちを、ご飯やパンの代わりに食べてみてはいかがでしょう。
 
 おもちは、私たちがすべての活動のエネルギー源となる糖質(炭水化物)が、原料のご飯よりも多く含まれています。
 
 頭を使うお仕事をされる方や、朝から大事な会議があるというご主人、大事なテストを控えたお子様など、すばやく脳のエネルギーにもなるおもちはオススメです。
 
 また、結果的にご飯よりもよ~く噛むことになりますので、その分、脳の活性化、朝の目覚めにつながります。
 
 さらに、「朝からたくさん食べられない・・・」という方にも、おもちでしたらコンパクトに栄養がとれますのでオススメです。
 
 お味噌汁や、スープに入れて、あるいは納豆や大根おろしと一緒に食べると、より食べやすく、そして消化吸収がよくなることでしょう。大根おろしは消化吸収を助け、納豆はビタミンB1がおもちの炭水化物を素早くエネルギーに変換してくれるので、おもち単体で食べるよりもさらにオススメです。
 
 ぜひ、無病息災と、ご自身とご家族の朝からのエネルギー源に、改めておもちを召し上がってみてはいかがでしょうか。そして朝からエネルギー全開で頑張って、その後は、おやすみ前の新習慣「ディグニテペルレ」でお顔をケアしましょう!
 
 
 
 
 
※よろしければ「いいね!」をお願いいたします!

・4Dup