ホネを食べてホネを強く!~二十日正月

おはようございます。
 

4Dupです!

 
 今朝も猛烈な寒気団の影響で、関東でも最低気温で氷点下を記録したり、東海・中部地方では大雪になるなど大変に荒れた天候になっています。その地域にお住まいの方はどうかくれぐれもお気をつけください。
 
 それでは、本日もよろしくお願いいたします!
 
 
 

ホネまで愛して・・・

 
c001942abf25279d0370dee8f9be8976_s
 
 
 今日、1月20日は「二十日正月」だそうです。1月1日から続いた正月の最後の日として納めの行事を行うそうです。そして、そこで何を行うかというと、お正月の祝いに用意した塩鰤(ぶり)や新巻鮭(鮭が一本塩漬けになって売られているアレですね)などの骨を、大根などと粕汁にして食べる風習だそうです。
 
 何でもこれには邪気、災禍を祓うため、正月用の魚をこの日までに食べて、残った骨を正月最後のこの日にいただきます。
 
 魚のアラは鍋物に味噌汁や鍋物でも良いダシが出ますから、これは美味しそうですね。
 
 

ホネといえばカルシウム

 
804b0f7ddef46f0d975ef9ab0a794fcb_s
 
 
 ホネといえばカルシウムです。日本人は食物繊維と同じくカルシウムも全体的に足りていないといわれています。そのカルシウムを効率よくとるには、やはり食事を見直すことが一番です。
 
 魚や緑黄色野菜、海藻類などを積極的に食べて、牛乳やチーズ、ヨーグルトなど乳製品もあわせて食べていけばバッチリです。
 
 ただし、せっかくとったカルシウムも体に吸収されなければ意味がありませんよね。
 
 しかも悪いことにカルシウムなどのミネラルは、意外にも(?)体に吸収されにくい性質を持っています。(その中でも乳製品のカルシウムは吸収されやすいですが)
 
 そこで、そんな悩みを解消してくれる食べ合わせをいくつかご紹介いたします。
 
 

吸収をサポートしてくれるビタミン

 
83108c166b65234551249fb33e1d4ea2_s
 
 
 ビタミンCとDは、そんなカルシウムの吸収を助けてくれます。ビタミンCたっぷりの野菜やフルーツとチーズやヨーグルトを組み合わせて食べるとより効果的でしょう。また、ビタミンDは日光に当たることでも生成されますので、ぜひお天気の良い日は外に出て、ウォーキングなどで軽くウォーキングなどで汗を流すと効果的です。
 
 おまけに、適度な運動は骨を作る細胞のはたらきが活発になるので、そうした食べ物をしっかりとって、お日さまの光を全身に浴びながら軽い運動を行えば、カルシウム的にはカンペキ!でしょう。
 
 

逆に一緒に食べるとカルシウムの吸収をブロックしてしまうのは

 
43f7c5951b3e5ad032cbb574b0762392_s
 
 
 シュウ酸という成分がカルシウムの吸収をブロックするといわれています。
 
 食べ物にはホウレンソウやタケノコ、チョコレートなどに多く含まれているので、食べ過ぎには注意が必要です。
 
 

女性には特にとってほしいカルシウム

 
6990d4d2f0a821bacb58ebd2290e041b_s
 
 
 年配の女性に多い骨粗しょう症。カルシウムが不足することで骨が作られなくなり、骨の中身がスカスカになって骨折しやすくなってしまう病気です。また、この他にも高血圧・動脈硬化・糖尿病・アルツハイマー・変形関節症など色々な病気の原因にもなるといわれます。
 
 ぜひ、カルシウムたっぷりの食事と、一緒にビタミンとお日さまの下での適度な運動で、骨粗しょう症知らずの生活を目指しましょう!
 
 
 
 
 
※よろしければ「いいね!」をお願いいたします!

・4Dup