知っていました?効果的なコラーゲンのとりかた ~これであなたもプルプル、モッチモチに!

おはようございます。
 

4Dupです!

 
 まだまだ厳しい冷え込みが続きますが、“一年で一番寒い日”を乗り越えましたのであとは上るだけです。しっかりと寒さ対策をして乗り切っていきましょう。
 
それでは本日もよろしくお願いいたします!
 
 
 

美容の定番コラーゲンの日

 
3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s
 
 
 今日、1月26日は「コラーゲンの日」だそうです。
 
 1960年のこの日、日本皮革(現 ニッピ)の研究員・西原富雄がコラーゲンの可溶化に成功し、特許を出願したことに由来するとか。ちなみに、この可溶化によって食品などへのコラーゲンの利用が容易になり、今日のように手軽にコラーゲンをとることが可能になったのですね。
 
 健康食品の素材での知名度、認知度のアンケートを行ったところ、この『コラーゲン』は常に1位、もしくはTOP3に入るほど、私たちにとってはもはや説明の必要もないスターといえます。
 
 コラーゲンと聞けば、どういう効果が期待出来る、ということがすぐに思い浮かぶからです。(その点は、コラーゲンと同じく常に上位争いを行うビタミンCやカルシウム、青汁なども同じですね)
 
 そして、テレビのグルメ番組では、鶏や豚を入れた鍋など「プルプルでコラーゲンたっぷり~」などといって食べてレポートするところもよく目にしますよね。
 
 

意外に?吸収されにくいコラーゲン

 
40d24ac10208378549193cc09bdbcd92_s
 
 
 ただし、鶏の手羽や豚足、牛すじ、鮭の皮の部分、すっぽん・・・などなど、一般的に『コラーゲンがたっぷり』といわれているものを食べても、体でしっかりと吸収されなければ意味がありません。
 
 モチモチして、しっとりとしたお肌を期待して、せっかく食べてもほとんど吸収されなければ悲しいですよね。
 
 では、吸収率を高めるためにはどうしたら良いのでしょうか。
 
 

・腸内の酵素を増やして受け入れる準備を!

 
 
b9fb23bfd64822942d6a30e83b75f873_s
 
 
 まず、コラーゲンを多く含む食品やサプリメントなどをとる前の準備段階として、しっかりと消化・吸収しやすい体づくりを行うことが大事!
 
 そのために、受け入れる側の腸内の酵素を増やすこと。生野菜やフルーツ、発酵食品など、酵素を多く含む食品の摂取を日ごろから心がけるとベスト。また、流行りの酵素ドリンクなどを活用しても良いでしょう。
 
 

・ビタミンCでお肌の調子もととのえる

 
 
83108c166b65234551249fb33e1d4ea2_s
 
 
 コラーゲンの吸収を高めるものとして代表的なのはビタミンCが挙げられます。コラーゲンを多く含む食品・・・たとえば鶏の手羽と一緒にピーマンやゴーヤなどを一緒に食べたり、出来上がったものにレモンを絞ってかけたりするだけで、吸収率や、体の中でのコラーゲンが作られるスピードも変わってきます。
 
 

・そのほかに一緒にとって欲しい栄養素

 
 
6561a6119be85a495af8f6387c3094d4_s
 
 
 必須アミノ酸の一つリジン。アジ、サケなどの魚や、チーズ、卵などに多く含まれていて、ビタミンCに加え、コラーゲンを含む食品と一緒に食べると、体内でコラーゲンを合成する材料がそろいます。
 
 また、コラーゲンの生成には鉄分も必要といわれます。豚や牛の赤味のお肉や、アサリ、シジミなどの貝類、豆類、ホウレンソウなどと組合わせて料理して食べると、より一層効果的でしょう。
 
 これであなたもプルプルでモッチモチなお肌が手に入る!・・・かも知れません。
 
 
 
 
 
※よろしければ「いいね!」をお願いいたします!

・4Dup

 

知っていました?効果的なコラーゲンのとりかた ~これであなたもプルプル、モッチモチに!

おはようございます。
 

4Dupです!

 
 まだまだ厳しい冷え込みが続きますが、“一年で一番寒い日”を乗り越えましたのであとは上るだけです。しっかりと寒さ対策をして乗り切っていきましょう。
 
それでは本日もよろしくお願いいたします!
 
 
 

美容の定番コラーゲンの日

 
3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s
 
 
 今日、1月26日は「コラーゲンの日」だそうです。
 
 1960年のこの日、日本皮革(現 ニッピ)の研究員・西原富雄がコラーゲンの可溶化に成功し、特許を出願したことに由来するとか。ちなみに、この可溶化によって食品などへのコラーゲンの利用が容易になり、今日のように手軽にコラーゲンをとることが可能になったのですね。
 
 健康食品の素材での知名度、認知度のアンケートを行ったところ、この『コラーゲン』は常に1位、もしくはTOP3に入るほど、私たちにとってはもはや説明の必要もないスターといえます。
 
 コラーゲンと聞けば、どういう効果が期待出来る、ということがすぐに思い浮かぶからです。(その点は、コラーゲンと同じく常に上位争いを行うビタミンCやカルシウム、青汁なども同じですね)
 
 そして、テレビのグルメ番組では、鶏や豚を入れた鍋など「プルプルでコラーゲンたっぷり~」などといって食べてレポートするところもよく目にしますよね。
 
 

意外に?吸収されにくいコラーゲン

 
40d24ac10208378549193cc09bdbcd92_s
 
 
 ただし、鶏の手羽や豚足、牛すじ、鮭の皮の部分、すっぽん・・・などなど、一般的に『コラーゲンがたっぷり』といわれているものを食べても、体でしっかりと吸収されなければ意味がありません。
 
 モチモチして、しっとりとしたお肌を期待して、せっかく食べてもほとんど吸収されなければ悲しいですよね。
 
 では、吸収率を高めるためにはどうしたら良いのでしょうか。
 
 

・腸内の酵素を増やして受け入れる準備を!

 
 
b9fb23bfd64822942d6a30e83b75f873_s
 
 
 まず、コラーゲンを多く含む食品やサプリメントなどをとる前の準備段階として、しっかりと消化・吸収しやすい体づくりを行うことが大事!
 
 そのために、受け入れる側の腸内の酵素を増やすこと。生野菜やフルーツ、発酵食品など、酵素を多く含む食品の摂取を日ごろから心がけるとベスト。また、流行りの酵素ドリンクなどを活用しても良いでしょう。
 
 

・ビタミンCでお肌の調子もととのえる

 
 
83108c166b65234551249fb33e1d4ea2_s
 
 
 コラーゲンの吸収を高めるものとして代表的なのはビタミンCが挙げられます。コラーゲンを多く含む食品・・・たとえば鶏の手羽と一緒にピーマンやゴーヤなどを一緒に食べたり、出来上がったものにレモンを絞ってかけたりするだけで、吸収率や、体の中でのコラーゲンが作られるスピードも変わってきます。
 
 

・そのほかに一緒にとって欲しい栄養素

 
 
6561a6119be85a495af8f6387c3094d4_s
 
 
 必須アミノ酸の一つリジン。アジ、サケなどの魚や、チーズ、卵などに多く含まれていて、ビタミンCに加え、コラーゲンを含む食品と一緒に食べると、体内でコラーゲンを合成する材料がそろいます。
 
 また、コラーゲンの生成には鉄分も必要といわれます。豚や牛の赤味のお肉や、アサリ、シジミなどの貝類、豆類、ホウレンソウなどと組合わせて料理して食べると、より一層効果的でしょう。
 
 これであなたもプルプルでモッチモチなお肌が手に入る!・・・かも知れません。
 
 
 
 
 
※よろしければ「いいね!」をお願いいたします!

・4Dup