美しいバストラインをキープするために

おはようございます。
 

4Dupです!

 
 まだまだ全国的に寒さが厳しいですが、それでも日に日に暖かくなってくるようですね。それでは本日もよろしくお願いいたします。
 
 
 

美バストを形成するために・・・

 
f26ede657f2135a2fe83a7c28404199b_s
 
 
今日、2月12日は「ブラジャーの日」だそうです。
 
 下着メーカーのワコールが制定し、現在は日本ボディファッション協会が実施しているそうです。
 
 ちなみに、1913年のこの日、アメリカ人女性マリー・フェルブ・ジャコブが、ブラジャーの原型となるものの特許を取得したそうです。ハンカチをリボンで結んだだけという単純なものだったそうで、このブラジャーが発明されるまでは、胸から腰にかけての体型を整える為コルセットで体を締め附けていた・・・とか。中世ヨーロッパの貴婦人、というイメージで登場してくるアレですね。
 
 さて、最近ではプチ整形のように、キレイなバストを作るために「プチ豊胸」というのも流行っていますが、やはり普段からの食事や運動などでしっかりとキレイなラインをキープしたいもの。
 
今回は、キレイなバストのラインをキープするためにとっておきたい栄養素など、ご紹介いたします。
 
 
 

大豆製品は女性のためにある?!

 
e71993933f8a09c159f31e955a8198db_s
 
 
まずは、お醤油、お味噌、お豆腐、納豆・・・などなど私たち日本人には欠かせない大豆製品。
 
 これらは女性ホルモンに似たはたらきをする『イソフラボン』が豊富に含まれています。女性らしい体をサポートしてくれるはたらきをしますし、最近では抜け毛・・・女性も決して他人事ではない薄毛の予防にもこのイソフラボンが力になってくれるといいます。
 
 ただし、注意したいのは、いくら健康に良いといっても納豆や豆腐を大量に食べ続けるような極端なことは止めましょう!イソフラボンの過剰摂取は体に害をおよぼします。ですので、サプリメントでとって、さらに納豆や豆腐をたくさん食べる・・・ようなことはNG!です。
 
 

ビタミンを組み合わせて・・・

 
5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s
 
 
 ビタミンAやビタミンEは抗酸化作用があり、体を錆びつきからガードしてくれて、若々しい体づくりをサポートしてくれます。また、ビタミンCを一緒にとると吸収率が高まります。さらにビタミンB群と組合わせることで、お肌のキレイもサポートしてくれます・・・が、こちらもサプリメントなど過剰な摂取は控えましょう。
 
 

エラスチンをとってみる

 
a0003_001083_m
 
 
コラーゲンやヒアルロン酸など日ごろ使われている方も多いことでしょう。
 
 最近、話題の成分に『エラスチン』があります。タンパク質の一種でコラーゲンを束ねる繊維のようなはたらきをしてくれます。したがって、コラーゲンやヒアルロン酸と組めばより効果が期待できる・・・ということですね。
 
 しかし、このエラスチンは、カツオの心臓部分だったり、マグロの眼球裏など、たくさん食べられないところに多く含まれています。
 
 エラスチンの場合はサプリメントでとることがオススメです。その時もコラーゲンやヒアルロン酸、ビタミンCと一緒にとることがオススメ。最近の研究では、バストをつっている靭帯に関わっていることが分かり、エラスチンをとることで重力に負けない(?)バストをキープしてくれることが分かったとか。
 
 
 ただし、ご紹介した栄養素をしっかりととっていても、合わないブラジャーなどを使い続けていては意味がなくなってしまいます。
 
 また、当然ながら筋力も衰えていきますので、しっかりと大胸筋などに力を入れて軽く運動を行う・・・など、同時進行で対策していけばより一層効果的にキレイなラインをキープすることが出来ることでしょう。
 
 
 
 
 
※よろしければ「いいね!」をお願いいたします!

・4Dup