今日はおでんを食べよう!

おはようございます。
 

4Dupです!

 
 今日は2月22日、「猫の日」ということで朝の情報番組では猫の特集が組まれていました。猫が好きな方にとっては朝から大変癒されたことかと思います。
 
また、この日は様々な記念日がある中で、見逃せないのが「おでんの日」でもある点。
 
 そもそものキッカケは新潟県のラジオ番組「クチこみラジオ 越後じまんず」という番組が2007年に制定したそうで、おでんを食べるときに「フーフーフー」と息を吹きかけることから「フー(2)フー(2)フー(2)」の語呂合せ・・・だとか。
 
 正直ちょっと苦しいなあ・・・という気もしますが、しかしまだまだ寒さが厳しいこの時期に美味しい食べ物であることも間違いありません。
 
 今や家で作らなくても、コンビニのレジ前に鍋が置いてあって、セルフで好きな具を選んで買える手軽さもあって若い人にも人気のおでん。
 
そんなおでんですが、実は女性にも食べていただきたい栄養の宝庫でもあったのです。
 
 

高タンパク、低脂肪でヘルシー!

 
b5a7a330b6a72c61974342e87e609644_s
 
 
 おでんといえば、まず思い浮かぶのが多彩な『練り物』。主にお魚を原料としているため、どれも高タンパクで低脂肪なのが特長です。
 
 私たち日本人にとって不足している栄養素に食物繊維やカルシウムなどありますが、タンパク質も足りていないといいます。お肉などでタンパク質をたくさんとろうとすると、どうしてもカロリーが気になるもの。それがお魚を原料にした練り物でヘルシーにタンパク質をとることが可能なのです。
 
 また、イワシなど青魚を原料としている「つみれ」にはタンパク質のほかに、DHA・EPAなども一緒にとれることでしょう。
 
 さらにタンパク質はお魚だけではありません。厚揚げやがんもどき、ちくわぶなど、植物性のタンパク質もとれてしまうのです。そして、忘れてはならないタマゴもいうまでもなくタンパク質の宝庫ですね。
 
 

さらに食物繊維も!

 
eec2dd43e863023c9e0d8b0451120198_s
 
 
さらに女性にはぜひとっていただきたい食物繊維も豊富。
 
 おでんには欠かせないダイコンや昆布、コンニャク、シラタキ、サトイモなどなど、それぞれに違う種類の食物繊維が含まれていて、これらを食べるだけで色々な食物繊維がとれてしまう優れもの。
 
お通じが良くなるだけでなく、腸内環境の改善にもつながるので健康には欠かせませんね。
 
最近では免疫力のUPや、アレルギー対策にも良い影響があることが分かっています。
 
 

あとは緑黄色野菜やフルーツをとってカンペキに

 
66952c2116a74ab67ad62d013b6ed96e_s
 
 
そんなぜひ食べていただきたいおでんですが、ビタミン類が不足しています。
 
 β-カロテン、ビタミンB群がとれるホウレンソウ、カボチャ、ブロッコリー、ピーマンなど緑黄色野菜や、ビタミンCがとれるイチゴ、みかん、キウイフルーツなど食後にフルーツを食べることで、より栄養のバランスがとれた食事になることでしょう。
 
また、ご飯を白米から玄米に変えることで、十分に不足した栄養が補えることと思います。
 
 
タンパク質、食物繊維がバッチリとれるおでん。
 
ぜひ、今晩召し上がってみてはいかがでしょうか。
 
 
 
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。
 
 
 
 
 
※よろしければ「いいね!」をお願いいたします!

・4Dup