育毛にも悪影響!「睡眠への不満」は、なんと過去最高の97.1%に

切っても切れない睡眠と育毛の関係

 
286712
 
 
睡眠不足が育毛に悪影響をおよぼしてしまうのは、おそらく誰もが知るところでしょう。
 
テレビCMではありませんが、髪の毛は夜、寝ている間に成長するからです。
 
 したがって、いくら髪の毛が生える、と評判の育毛剤や薬、サプリメント、あるいは病院で診てもらったとしても、睡眠不足など生活のリズムが乱れていては、あまり効果を発揮できないことと思います。(もちろん、育毛以前に健康を害してしまう可能性も高いです)
 
 健康機器メーカーのフジ医療器が、20代~80代の男女約4,700名に、そんな大事な大事な「睡眠」に関する調査を行い、結果を発表しています。
 
 
 

「睡眠への不満」は過去最高の97.1%!

 
img_88895_1

・睡眠に満足していない回答数の推移

 
 
【調査結果の詳細】
■「睡眠に関する不満がある」 97.1%
「睡眠に関して不満はありますか?」の質問に対して、97.1%の人が不満を持っていると回答。第1回目(2011年)の調査から90%超えが続いているなか微減傾向にありましたが、今回は「不満」の回答が最も高くなっています。年代別では、40代が97.9%で最も高く、最も低いのは60代の95.8%でした。年代での傾向を見ると、20代~50代は97%前後に対して60代以上では96%前後でしたので、わずかではありますが若い世代のほうが不満を持っていることがわかります。
 
 

・睡眠時間(平日・休日)、理想の睡眠時間

 
img_88895_2
 
 

■平日の睡眠時間は理想よりも84分短い

 
「平日」「休日」「理想」、それぞれの睡眠時間で、最も多かった回答は平日が「6時間」(35.9%)、休日が「7時間」(32.7%)、理想が「8時間」(48.2%)でした。それぞれの平均睡眠時間を算出すると、平日は6.2時間、休日は7.0時間、理想は7.6時間です。「もっと寝ていたい」という思いがあっても、十分な睡眠時間を確保することは難しいのが現実のようです。また、平均的に見ると、平日の睡眠時間は理想より84分も短いことがわかりました。
 
 

■快適な睡眠を弊害する主な原因は「ストレス」 50.1%

 
「睡眠に対して、どんな不満があるのか?」の質問に対して、「寝ても疲れがとれない」(18.1%)、「何度か目が覚める」(13.6%)、「なかなか寝付けない」(10.6%)などが挙がっています。このように満足した睡眠をとれない理由としては、「ストレス」(50.1%)、「手足の冷え」(22.7%)、「体調不良」(20.7%)が順に並びました。
 
 ストレス社会において満足できる睡眠をとることは簡単ではないのかもしれません。また、女性は「手足の冷え」(34.3%)が男性(14.1%)を大きく上回り、冷えの悩みを持っている女性が多くいることがわかりました。
 

■体を温めて快眠へ、約3人に1人が「入浴」

 
回答者全員に「快眠をとるために工夫していることはありますか?(複数回答可)」と質問したところ、体を温められる「入浴」(29.6%)や「あたたかい飲み物を飲む」(16.4%)」が上位に入りました。これらの項目は女性の回答(入浴:32.3%、あたたかい飲み物を飲む:23.7%)が全体を上回っており、冷えからくる睡眠の悩みを解決するため女性は日ごろから積極的に対策をしていることが考えられます。
 
 

Q. 睡眠に関して不満はありますか?

 
 睡眠に関して97.1%の人が「不満を持っている」と回答しました。以下の図表のとおり、年代別では、40代が97.9%で最も高く、最も低いのは60代の95.8%でした。年代での傾向を見ると、20代~50代は97%前後に対して60代以上では96%前後でしたので、わずかではありますが若い世代のほうが不満を持っていることがわかります。
 
 
Q. 最も不満に感じることは何ですか?(対象:「睡眠に不満がある」と回答した人)
 
 最も不満に感じることは、1位「寝ても疲れがとれない」(18.1%)、2位「何度か目が覚める」(13.6%)、3位「なかなか寝付けない」(10.6%)、4位「朝すっきりと起きられない」、5位「トイレが近い」という結果になりました。
 
 以下の図表で示しているように、女性の「寝ても疲れがとれない」が21.0%と突出しています。また、男性では「トイレが近い」が高い傾向にあります。
 
 年代別では、「寝ても疲れがとれない」という悩みが、20~40代の各年代でそれぞれ20%を超えていますが、60代以上では10%にも達していません。一方、「何度か目が覚める」では、60代、70代以上でそれぞれ18%以上の結果になっています。年齢によって体質や生活習慣が異なることで睡眠への悩みにも違いがあることがわかりました。
 
 

・睡眠に関して最も不満に感じること

 
img_88895_4
年代別の傾向 (20代 n=272、30代 n=793、40代 n=1295、50代 n=1199、60代 n=778、70代以上 n=251)
 
 

・年代別の睡眠に関して最も不満に感じること

 
img_88895_5
 
 

Q. 睡眠に不満がある原因はなんだと思いますか?

(対象:睡眠に不満があると回答した人/複数回答可)
 
 睡眠に対する不満の原因は、1位「ストレス」(50.1%)、2位「手足の冷え」(22.7%)、3位「体調不良」(20.7%)、4位「その他」、5位「枕」という結果になりました。これまでの調査でも1位だった「ストレス」はトップを譲らず、約半数が不満の原因として挙げています。
 
 特に女性は「手足の冷え」(34.3%)が男性(14.1%)を大きく上回り、冷えの悩みを持っている女性が多くいることがわかります。「ストレス」については、20代から50代の各年代で50%以上の回答がありました。70代以上では「病気」、20~30代では「育児」の理由が目立ちました。
 
 

・睡眠に不満がある原因

 
img_88895_6
年代別の傾向 (20代 n=272、30代 n=793、40代 n=1295、50代 n=1199、60代 n=778、70代以上 n=251)
 
 

・年代別の睡眠に不満がある原因

 
img_88895_7
 
 

Q. 快眠をとるために工夫していることはありますか?

(複数回答可)
 
img_88895_8
 
 
 快眠への工夫は、1位「入浴」(29.6%)、2位「何もしていない」(23.4%)、3位「あたたかい飲み物を飲む」(16.4%)、4位「部屋の明るさ」、5位「寝る前のストレッチ」という結果になりました。トップ5の中に「入浴」、「あたたかい飲み物を飲む」といった、体をあたためる“温活”が上位に入りました。
 
 前問で、女性は「手足の冷え」で悩んでいる人が多いという結果も出ており、冷えからくる睡眠の悩みを解決するため、女性は日ごろから積極的に「入浴」や「あたたかい飲み物を飲む」ことで対策をしていることがうかがえます。男性では、「飲酒」(15.3%)が女性の回答(5.8%)よりも高い結果です。
 
 年代別で見ると、20代では「入浴」(28.1%)よりも「あたたかい飲み物を飲む」(32.4%)と回答した人が多く、70代では「入浴」(42.1%)に回答が集中しています。また、「布団」「枕」などの寝具環境を整える工夫は年代が上がるほど高くなっています。
 
 
img_88895_9
 
 
「体は疲れているのに、神経が高ぶっていて全然寝られない・・・」
 
 
0db89e727e23c1ff9926f50518f51c02_s
※とっても楽しいゲームも寝る直前までやっていると睡眠の妨げに・・・
 
 
 そんな経験、誰しもあるかと思います。明日も早く起きて仕事なのにとてもストレスがたまりますし、何より体に良いはずがありません。
 
 ぜひ、神経を高ぶらせる原因にもなるテレビやスマホやPC、ゲームなどは、寝る前の1時間前には終了させて、あたたかい飲み物や静かな音楽、心地よい香りのアロマなど、リラックスして眠れる環境を整えていけば、きっといつもと全然違う睡眠がとれることと思います。
 
 
c68e523a27393ec3867c74e7cd0f856e_s
※香り、灯りでリラックス効果を
 
 
 また、「それでもやっぱり眠れない・・・」という方は、ドラッグストア、薬局で売られている睡眠導入剤やお医者さんに相談してみるのも手です。寝酒は体に良くないばかりか、返って睡眠が浅くなって悪循環になります。くれぐれも止めましょう。
 
快適な睡眠で健康な体と育毛を!
 
 
 
 
 

育毛に関わる成長ホルモン「IGF-1」を“増やす”ことに着目!『QEPPER(ケッパー)』薬用育毛ローション&サプリ、オススメです。

※『QEPPER』は㈱ケーツーコミュニケーションズの登録商標です。