4年に一度のうるう日。ニンニクを食べてスタミナつける日?!

今日は4年に一度の「閏日(うるうび)」
 
 朝のテレビ番組などでも散々やっていたかと思いますが、これは1年の日数がキッチリと365日ではなく365.2422日なので、そのずれを調整するための1日です。
 
 ちなみに、かつてイギリスでは4年間のうちでこの日だけは、女性から男性へのプロポーズが伝統的に公認され、男性はそれを断わることはできないとされていた・・・とか。お金持ちでイケメンな男性でしたらもしかしたら戦々恐々とする一日だったかも知れませんね。
 
 

・うるう日はニンニク食べてスタミナ満点!

 
fa310f17366c050ab76e6d4c63360d22_s
 
 
そして今日、2月29日は「ニンニクの日」でもあるそうです。
 
 ニンニクの生産量日本一の青森県田子町が実施し、ニンニクを使用した健康食品を販売する株式会社健康家族が制定しているそうです。「にん(2)に(2)く(9)」の語呂合せ・・・からだとか。
 
ニンニクといえば、体に良い、スタミナ満点、栄養たっぷり・・・というイメージがあります。実際にニンニクを使った健康食品も数えきれないほど薬局、ドラッグストアなどに並んでいます。やはり多くは栄養補給、滋養強壮などをアピールしています。
 
また、古代エジプトではピラミッドを築き上げたときにニンニク(タマネギという説もあります)を食べて、栄養補給を行ったとされており、はるか昔から栄養満点な食べ物として知られていました。
 
 

スタミナだけでなく免疫力、美容にも

 
37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s
 
 
ニンニクといえば誰もがまず思うのが、あの独特のニオイでしょう。
 
 そのニオイの元になっているアリシンという成分です。このアリシンには、強い殺菌作用と体内でビタミンB1と同じ働きをする効果があります。
 
 このアリシンには強力な殺菌作用と抗酸化作用があります。このアリシンには風邪や気管支炎の原因になる連鎖球菌やブドウ状球菌などに対して強い殺菌・抗菌力があるといいますので、「ニンニクをよく食べる人は風邪をひきにくい」といえそうです。また、日本人に多い胃潰瘍を引き起こすピロリ菌やO-157菌にも有効とする報告もあるとか。
 
 さらにニンニクに含まれるビタミンB群は皮膚や粘膜の健康に欠かせません。お肌の健康、うるおいにはピッタリな食べ物だといえます。
 
 
a0002_010115_m-682x1024
 
 
 ちなみに、殺菌力が強いのでたとえば生のまま食べると、悪玉菌だけでなく私たちの体のためになる『善玉菌』まで殺してしまったり、胃腸を荒らすことにもつながるので注意が必要です。いくら体に良いからといっても食べ過ぎには禁物ですね。
 
 焼肉屋さんや、ステーキチェーンなど、29日、『2(に)9(く)』にちなんだサービスもたくさん行われている今日。お肉とニンニクを食べてたっぷりと栄養とって明日からのスタートに備えるのも良いかも知れませんね。
 
 また、「焼肉、ステーキなんてしばらく食べてない・・・」という方も、ぜひ4年に1度(?)のゼイタクをされてみてはいかがでしょうか。
 
 
 
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。
 
 
 
 
 
※よろしければ「いいね!」をお願いいたします!

・4Dup